意外と始めやすい駐車場運営!始めるときに備えて駐車場運営の基礎知識を分かりやすく解説

このサイトでは、駐車場運営を始めるときに知っておきたい基礎知識を紹介しています。
自分の土地が余っている、土地をどうにか有効活用したいと考える人も多く、初期費用が抑えられるので人気がありますが、ある程度知識を持っておかないと損をしてしまうかもしれません。
そうならないために、メリットやデメリットを含めた知識を持っておきましょう。

意外と始めやすい駐車場運営!始めるときに備えて駐車場運営の基礎知識を分かりやすく解説

駐車場運営を行ううえで必要な基礎知識とは、どんなものがあるのでしょうか。
まず最大のメリットは、初期投資が少なくて済むということです。
立体駐車場は別ですが、平面駐車場だと初期費用ゼロでも活用が可能です。
さらに他への転用や更地への復帰も容易です。
デメリットといえば、駐車場はマンション用地とは違い「住宅用地」とはならないので、固定資産税などの減税がありません。
立体駐車場の場合に関しては、平面とは違う法令や規定があるため確認することをお勧めします。

駐車場運営にかかる税金と節税方法

駐車場運営は規模による違いや地域による違いもありますが、運営をしていくには税金は必ず発生するものなので、詳細を事前に確認することで後悔することも無くなります。
まずは駐車場経営では一般住宅と同じように固定資産税が掛かります。
都市計画の指定範囲であれば都市計画税も掛かることになり、この部分は避けることができない範囲になります。
更に収入は雑収入に相当するので、利益に対しての所得税や消費税も必ず支払う義務が生じます。
控除額はあり大規模ではない場合は10万円の控除が該当しています。
駐車場運営をきちんとするには帳簿を付けることは重要になり、収支を明確化することで知らぬ間に脱税をしているなど問題をクリアできます。
行える節税対策に対しては、小規模でも管理会社を設立する方法もありますが、駐車場運営上で費やしてしまう金銭に関しては、領収書をきちんと整理をして保管することも節税につながります。
例えば清掃用具や照明器具の電球交換、白線の引き直しなどがありますが、低料金であってもこの範囲は経費として認められるので青色申告を利用することで損失額を減らせます。

駐車場運営には月極駐車場とコインパーキングの2種類がある

利用できていない土地を活用するなら、駐車場運営も考えてみてはいかがでしょうか。
建物が必要ないので初期費用も比較的安く済みますし、開業後の管理にもあまり手間がかからないのもメリットです。
駐車場運営をする場合もどのようなタイプの駐車場にするのかはよく考えておきたいところです。
駐車場経営も大きく分けて月極駐車場とコインパーキングの2種類があります。
月極駐車場は利用者と契約をして、毎月の賃料を受け取ることになります。
機械を導入する必要もなく、舗装も義務付けられているわけではないので短い期間で運営をスタートできますし、辞めるときも更地に戻しやすいので気軽に始めることができます。
月極駐車場は、利用者の数によって収益が決まりますが、コインパーキングの場合は車の出入りの多さで収益が変わってきます。
何等か用事があるときに利用する駐車場なので駅の近くや繁華街、駐車場のない商業施設の近くなどが向いています。
コインパーキングを運営するには機械の導入も必要です。
比較的狭い土地や変形した土地も活用しやすくなっています。

駐車場運営の始め方と一般的な流れ

初心者でも比較的始めやすい土地活用の方法では、駐車場運営も注目されています。
駐車場運営は初期投資も少なく済むのが魅力ですが、具体的に何から始めて良いのかわからないという人も少なくありません。
順調な運営のためにも始め方や流れについても知っておきましょう。
まずは、月極駐車場にするのか、コインパーキングにするのかを決めておきたいところです。
そして運営は自分ですべて行うのか、管理会社に委託するのかも決めておきましょう。
近隣に安い駐車場ができると稼働率も落ちてしまいますので、周辺の相場も調べておく必要があります。
一括借り上げや管理委託を業者に依頼する場合は、信頼できる業者を見つけ契約することになります。
その後は駐車場の整備に入ります。
月極の場合は砂利を敷く、アスファルトの舗装を行う程度の準備で済みますが、コインパーキングの場合は専用の機器を導入する必要もあります。
駐車場が完成したら利用者の募集も行い、実際の運営へと進んでいきます。

駐車場運営では立地条件に合った形態が重要

駐車場運営を成功させるためには、住宅地か商業地かなどの立地条件がカギを握ることが多いのは確かです。
例えば近くに幹線道路が存在すること、駅や大きな商業ビルがあることなどがあり、それ以外にも広さがどのくらいあるか、駐車しやすいかの条件もあります。
ただ駐車場のニーズは、商業ビルや駅前などの建物が密集しているエリアの一角だと高く、大抵の成功している駐車場運営ではそのエリアが多いです。
もっとも運営の在り方で形態を変化させることもポイントで、どういった車種を対象にするのかなどもポイントになります。
形態には主に4つあり、一時使用目的のコインパーキング・一日中をメインとする日貸し・月極・年払いが存在し、これは契約期間による違いになります。
立地場所の特徴から、収益の期待性が高い形態を採用することが優れ、頻繁に入れ替り駐車をしたいニーズが多ければコインパーキングの方が有利だったりします。
固定的に収益を得たいケースでは、日貸し・月極・年払いを採用すると良いでしょう。

駐車場運営に関する情報サイト
駐車場運営の基礎知識

このサイトでは、駐車場運営を始めるときに知っておきたい基礎知識を紹介しています。自分の土地が余っている、土地をどうにか有効活用したいと考える人も多く、初期費用が抑えられるので人気がありますが、ある程度知識を持っておかないと損をしてしまうかもしれません。そうならないために、メリットやデメリットを含めた知識を持っておきましょう。

Search